苦しい恋の悩みを解決したい人注目
【期間限定】苦しい恋の悩みを無料解決します

 

  • ・どうすれば彼が本気になってくれる?
  • ・もっと彼が追いかけてくれる方法は?
  • ・彼に告白してもらうには?
  • ・彼からもっと連絡が欲しい
  • ・彼にもっと会いたい
  • ・彼が彼女と別れる方法は?

 

これらの問題を最短3分で解決します。

「今まで良い雰囲気でLINEをしていたのに、ある時から急に既読にならなくなった…」

そんな時、女性の方は「どうして既読にならないのか」その理由が気になりますよね。

そこで今回は、男性がLINEを既読にしない理由とその対処法についてご紹介します。

送ったLINEが既読にならず、やきもきしてしまっている方はぜひ参考にしてくださいね。

彼のLINEが既読にならない理由は?男性心理解説

送ったLINEが既読にならないのはどうしてなのか、ここでは考えられる理由や心理についてご紹介します。

単純にLINEを見ていない

既読にならない理由としてまず挙げられるのが、単純にLINEを見ていないというもの。

仕事中はもちろんのこと、友達と遊んでいたり、寝ていたりする時などにはLINEを見ませんので、既読にならないのも当然です。

既読にならないと、ついネガティブに考えてしまうものですが、単純にLINEをチェックできる状況じゃないという可能性も十分にありますので、それだけで嫌われたと考えてしまうのは早計ですよ。

相手に興味がないから

相手の女性に全く興味を持っていない場合、男性はその女性から届いたLINEにも関心を持てないもの。そのため、トーク画面を開くことなく放置しているという男性も少なくありません。

このような男性は今までは仕方なくLINEに付き合っていたものの、ラリーを繰り返していくうちに面倒になって、最終的にトークの内容をチェックすることすら辞めてしまったのでしょう。

「返信がいつも遅かった」「返事がそっけなかった」という場合は、こちらにあたる可能性が高いので、残念ながら「完全に脈無しだからLINEも読んでもらえない」と考えましょう。

もう関わりたくない

「もう関わりたくない」という心理から、LINEをブロックしている男性も。

この場合、相手にLINEが届くことはありませんので、既読にならないのも当然です。

「相手に失礼なことを言われたから」「もうエッチできたから満足」など、関わりたくないと感じる理由は人それぞれですが、そこから逆転することはまず不可能ですので、潔く彼のことは諦めましょう。

LINEが既読にならない時、嫌われていると判断すべきポイント

LINEが既読にならないのには様々な理由が考えられますが、最も気になるのは自分が嫌われてしまったのかどうかですよね。

そこでここでは、嫌われていると判断すべきポイントについてご紹介します。

これらに当てはまらなければ、ひとまず嫌われていないと見て大丈夫ですよ。

アイコンやひとことが更新されている

既読にならないのに、相手のLINEのアイコンやひとことが更新されている場合は、嫌われていると判断したほうがいいでしょう。

というのも、アイコンやひとことを変更している以上、LINEを開いていることは明らかであるのに、それで既読にならないのは意図的に無視されているか、ブロックされている証拠であるためです。

少なくとも、「忙しいからLINEを見ていない」という線は完全に消えますので、このような様子が見られたら、何らかの原因で嫌われてしまったと考えるべきですよ。

今まで表示されていた相手のタイムラインが急に見られなくなった

タイムラインに表示されていた相手のつぶやきが急に見られなくなった場合は、ブロックされている可能性が高いです。

ブロックというのは、「今後関わることはない」という心理から取る行動ですので、嫌われたと判断するべきでしょう。

なお、相手が表示範囲を変更したことでもタイムラインは見られなくなりますが、自分に表示させないようにしている以上、ポジティブな感情を持たれていないことは確実。

ブロックされていないにしても、好かれていないことには変わりませんので、彼のことは諦めたほうがいいかも。

LINEが既読にならない時に返信がもらえるLINEはこれ

追撃LINEを送るのは一般的にNGだと言われていますが、既読にならない状況であれば話は別。むしろ追撃LINEを送らなければ、一生返信が来ない可能性もあり得ますので、頃合いを見てもう一度送ってみるべきです。

では、その際にどんなLINEを送ったらいいのか、ここでは既読にならない時に返信をもらえるLINEについてご紹介します。

既読にならずに悩んでいる女性は、勇気を出してこれらのLINEを送ってみてくださいね。

彼を怒らせた自覚がある場合は、「ごめん」と謝罪のLINE

「軽くイジってしまった」など彼を怒らせてしまうようなLINEを送った自覚がある場合は、素直に謝罪の内容を送りましょう。

そうすることで、彼が怒りによって未読スルーをしていた場合は、「謝ってくれたし許そう」と感じて返信してもらえる可能性があります。

また、他の理由で既読にならなかったとしても、突然の謝罪に驚いて「どうしたの!?」と返信をもらえて、そこからラリーを続けていけるのでおすすめです。

未読スルーされることに心当たりがない場合は、普通の内容のLINE

既読にならないことに全く心当たりがないのであれば、数日経った後に普通の内容のLINEを送ってみましょう。

それによって、複数の公式アカウントやグループラインなど、他の未読のLINEに埋もれてしまっていた場合は、あなたのLINEに気付いてもらえます。

この際、相手に気を遣わせないために「やっほー!」「久しぶり!」といった軽いLINEを送るのがコツ。彼も「LINEに気付かなかった」という罪悪感を覚えず、気軽に返信できますので返信をもらえる可能性が高まりますよ。

LINEが既読にならない時にやってはいけないこと

最後にLINEが既読にならない時に、やってはいけないNG行動についてお伝えします。

これらを行うと確実に彼から嫌われてしまいますので、絶対にしないように。

立て続けにLINEを送信する

数日に渡って既読にならない場合は、LINEに気付いていない可能性もありますので追撃はするべきですが、何通も立て続けに送信するのはNG。

もう一度送ってみて、それでも返信が来ない場合は意図的に無視されているのですから、そんな状況で繰り返し送ってしまうと、「しつこい」とうざがられてしまいます。

再送していいのはあくまで一回だけで、二回も三回も連投するのは逆効果でしかありませんので、一回送ったら相手から連絡が来るまで静かに待ちましょう。

間違ったフリをしてLINEを送る

中には間違ったフリをしてLINEを送る女性もいますが、それは絶対に避けましょう。

確かに「送る人間違えてるよー」と返信が来るかもしれませんが、そこから会話を続けようとするのは不自然でしかなく、さすがに男性も「わざと間違えて送ってきたんだな」ということに気付きます。

そうなれば、「面倒な女だな」と思われてしまい、自分の評価をガクッと下げるだけですので、誤送信を装うような真似はしないように。

TwitterInstagramなど、他のSNSでコンタクトを取ろうとする

「既読にならない=ブロックされている」と考え、他のSNSでメッセージを送信する方もいますが、こちらも当然NGです。

相手が本当にブロックしていた場合、このような行動を取られるのは恐怖でしかなく、「二度と関わりたくない」と思われてしまいます。

「どうせブロックされているのなら」とわずかな可能性に賭けたくなるのはわかりますが、地の底まで嫌われてしまいますので、相手のためにも潔く身を引きましょう。

彼のLINEが既読にならない理由は何?まとめ

今回は、LINEが既読にならない理由とその対処法についてお伝えしてきました。

既読にならないのには様々な理由がありますので、「無視されている!」と決めつける必要はありません。

そのため、心に余裕を持って彼からの返信を待ちましょう。

 

それでも一向に既読にならない場合は、勇気を出してもう一度だけ送ってみるのがおすすめ。それによって返信をもらえれば一番ですが、なお既読にならないのであれば彼のことは諦めて新たな恋を探しましょう。

おすすめの記事