苦しい恋の悩みを解決したい人注目
【期間限定】苦しい恋の悩みを無料解決します

 

  • ・どうすれば彼が本気になってくれる?
  • ・もっと彼が追いかけてくれる方法は?
  • ・彼に告白してもらうには?
  • ・彼からもっと連絡が欲しい
  • ・彼にもっと会いたい
  • ・彼が彼女と別れる方法は?

 

これらの問題を最短3分で解決します。

「気になる年下の男の子にLINEを聞きたいけど、なんて聞いたらいいのかわからない…」とお悩みの女性も多いでしょう。

今回はそんな恋する女性達のために、年下男子から上手くLINEを聞き出す方法についてご紹介していきます。

また、無事にLINEを聞けた後のアプローチの仕方についてもご紹介しますので、年下男子と関係を深めたいと考えている女性はぜひ参考にしてくださいね。

職場の年下男子にLINEを聞き出す方法

社会人の出会いの場といえば、やはり職場。

気になる男性が職場の後輩という方も多いでしょう。

そこでここでは、職場の年下男子にLINEを聞き出す方法についてご紹介していきます。

ごく当たり前であるかのようにLINEを聞く

相手と自分が日常的に関わる関係性なのであれば、「あっ、そういえばLINE知らなかったから教えて!」と、LINEを交換するのが当たり前のことであるかのように聞くのがおすすめ。

関わりのある先輩・後輩が連絡先を交換するのは世間的にも普通のことですので、相手も全く疑問を持たずに快く応じてくれるはずです。

ここで重要なのが、平然とした態度で聞くこと。

変に下手に出たり、照れながら聞いてしまったりすると、「もしかして狙われてる…?」と感じられ、仲を深める前に距離を取られてしまう可能性があります。場合によっては、LINEを教えてもらえないことすらあるでしょう。

いずれ好意はアピールしなければなりませんが、それはやり取りを重ねてからするべきですので、まずは先輩・後輩としてLINEを交換するのがおすすめですよ。

相手と関わりがないのなら、他部署の仲の良い同僚に協力してもらう

「好きな年下男子が他部署、または別フロアで全く関わりがない」という女性もいるでしょう。

その場合、直接LINEを聞くのが手っ取り早いですが、「突然LINEを聞くなんて、ナンパみたいでとてもできない…」という方がほとんどなはず。

なのであれば、その年下男子と関わりのある仲の良い同僚に協力してもらうのがおすすめ。

飲み会を開催してもらい、そこで関係を深めてから自分でLINEを聞くか、学生時代のように「○○部署の○○さんがLINEを知りたがってるんだけど、教えてもいい?」と本人に聞いてもらいましょう。

飲み会で会話が盛り上がったタイミングで聞く

忘年会や新年会、歓送迎会や決起会など、会社で飲み会が開かれた際は大チャンス。

お酒が入ることで、仕事中にはしにくいプライベートな話も存分にできますので、そこで趣味や好きなことを話しつつ、場が盛り上がったタイミングでそのままLINEを聞いてしまいましょう。

相手も酔って気分が良くなっているため、断られることはまずありませんよ。

接点のない店員の年下男子にLINEを聞き出す方法

ふらっと立ち寄ったコンビニやカフェなどの年下店員さんに、一目惚れしてしまったという女性も多いでしょう。

その場合、どうすればその店員さんのLINEをゲットできるのか、ここでは接点のない店員の年下男子からLINEを聞き出す方法についてご紹介していきます。

職場の年下男子とLINEを交換するのとは訳が違い、上手くいく可能性は決して高いとは言えませんが、彼とお付き合いしたいのなら勇気を持って行動を起こしましょう。

まずは通い続けて、自分の顔を覚えてもらう

絶世の美女でもない限り、現時点では彼に顔すら覚えてもらっていません。

そんな状態でアプローチすれば、驚かせるどころか恐怖心すら与えてしまいますので、まずは通い続けることで自分という存在を認識してもらうところから始めましょう。

その際におすすめなのが、毎日決まった時間に決まった品物を購入すること。

そうすることで、彼に「いつも○○時に来て○○を買っていく人だ」と印象付けられますので、顔を覚えてもらいやすくなります。

なお、当たり前ですが「良いお客さんだな」という印象を持ってもらうために、接客を受ける時には愛想良く振る舞いましょう。

普通に世間話ができるくらいの関係性になる

ある程度通い続けていると、やがて彼のほうから「いつもありがとうございます!」「今日も○○にしますか?」といった言葉を投げかけてくれます。

そのタイミングを契機に、「おはようございます」「今日も暑いですね」などの挨拶をするようにし、徐々に会話を重ねることで普通に世間話ができるくらいの関係性を目指してください。

なお、数十回と通っているのに上記のような言葉がなく、事務的な接客をされてしまっている場合は完全に脈なしですので、残念ですが彼のことは諦めましょう。

IDを書いた紙を他の店員にバレないようにこっそりと渡す

普通に世間話ができるようになったら、頃合いを見てLINEIDを書いた紙を渡しましょう。

その際、他の店員さんにバレてしまうと、彼が後でからかわれたり、気まずい思いをさせてしまったりしますので、必ずバレないようにこっそりと渡すようにしてください。

ちなみに、渡す時は「後で読んでください」とだけ伝え、紙には「ずっと前から気になっていました。良かったら連絡ください」というメッセージとLINE IDを書いておくのがよいでしょう。

仕事中に長々と会話するのは迷惑を掛けますし、紙に長文で気持ちを綴るとただただ重いだけですので、手短かつ簡単に済ませることを心掛けてください。

ここまですれば後は彼から連絡が来るのを祈るだけ。

もちろん連絡が来ないこともありますが、既に彼女が居たり、彼に恋愛するつもりがなかったりということも普通にあります。

決して、「あなたに魅力がない」「年上だから恋愛対象外」という訳ではありませんので、落ち込みすぎないようにしましょう。

最初に送るメッセージはどんなものがよい?

「無事にLINEを交換できたけど、なんて送ればいいんだろう…」と最初の一通目でつまずいている女性も多いでしょう。

ここではそんな女性のために、LINEを交換した後に送る内容についてご紹介していきます。

関わりのある職場の後輩なら、仕事に関する褒め言葉

同じ部署などで元々彼と関わりがある場合は、彼の仕事に対する褒め言葉を送るのがベスト。

例文を挙げると、「○○です。LINE教えてくれてありがとね。いつも真面目に頑張っていて偉い!」といった文章がおすすめです。

 

先輩から自分の仕事ぶりを褒められて嬉しくない男性は居ませんので、彼が頑張っているのならその点を褒めてあげると、あなたの印象もさらに良くなるでしょう。

なお、彼は「あくまで職場の先輩だからLINEを交換しただけ」という可能性も大いにありますので、一通目からプライベートな話をするのは控えたほうがいいでしょう。

接点のない相手なら、簡単な自己紹介

店員さんや他の部署の後輩など接点のない相手である場合は、お互いのことをまだほとんど知らない状態です。

そのため、一通目ではフルネーム・年齢・仕事などのうちから、相手が知らない情報を自分から伝えるようにしましょう。

そうすることで、相手にも自己紹介をしてもらえますので、より彼のことを深く知れますよ。もちろん、LINEを教えてくれたお礼と「仲良くなりたい」という意思表示も忘れずに。

相手がやりとりしていて「楽しい」と感じる内容を探る方法

LINEにおいて最も重要なのは、やり取りを続けることで相手に「楽しい」と感じてもらい、自分に良い印象を持ってもらうこと。

しかし、どんな内容のメッセージを送ればそう感じてもらえるのか、全くわかりませんよね。

そこでここでは、相手がやり取りしていて「楽しい」と感じる内容を探る方法についてご紹介します 

「いつも休日は何をしているの?」と聞く

男性がやり取りしていて「楽しい」と感じるのは、やはり自分が好きな物事に関する話題を話している時。

そのため、どんな物事が好きなのかを探るために「いつも休日は何をしているの?」と尋ねてみましょう。

そこで「映画を見てる」と返ってきた場合は映画好きであることが明らかなので、映画に関する話題。

「友達と飲んでる」と返ってきた場合はお酒好きなので、お酒に関する話題を振るといいでしょう。

そうすることで、彼も楽しい気分になりますので連絡が途切れないですし、「この子とのLINE楽しいな」と良い印象を持ってもらえますよ。

年下男子からLINEを聞き出すテクまとめ

今回は、年下男子から上手くLINEを聞き出す方法とその後のアプローチの仕方についてご紹介してきました。

気になる彼から勇気を持って連絡先を聞き出して、やり取りを重ねることで関係を深めていきましょう。

おすすめの記事